2006年10月26日

いきなり退院です。

無事に退院が決まり、即日たいいんとなりました。
朝から病院は躁うつ病のかたが大喧嘩、神経衰弱の肩が泣き喚く、保護室では大騒ぎ・・・
そんな中、大ホールで色んな人をおさえてました。

それをみていた看護士さんに「成長したね」って・・・

それから数時間後、ジェニーと梅田に行き、みるきぃのおうち→病院で家族面談→退院→みるきぃ宅です。

彼への未練たらたらの詩を病院で書いてました。

写真
後ろ姿のあなたの写真
今もココに飾ってる
あなたは私のほうには
向かってこない
もう背を向けている
あなたの人生を
歩み始めている
私の写真
「前に進もうか」
そんな写真
撮ったらよかったね

2006.10.21


この詩を読んだ入院友達のTさんは「前向きでいいじゃん」って。
悩みに悩んで、彼に退院を次げるメールをしました。
「自分の道を頑張って進め」って・・・
ちょっと悲しかった;

甥っ子が邪魔してきたので、今日はこのくらいで・・・

とりあえず、退院しました。
posted by donguri_mt at 23:23| 奈良 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

おはようございます。

6時半が病院の起床時間のため、起きました。
熟睡させていただきました。

朝ごはんとみるきぃのだんなさんのお弁当の準備が終わりました。
今朝はケロッと落ち着いています。
暴食もしていません。

どちらかと言うと、まだ睡眠薬が残っててぼーっとしています。
先生にいい報告が出来そうです。

外泊もこれでおしまい。
木曜日に家族面談があります。
その時に次の外泊の許可が下りることを願います。
次の外泊はもう少し長く、あと仕事に行かせて貰いたいな。
ショートタイムでいいから。
さてさて、そんな許可が下りるかは、家族の判断におまかせです・・・

家族って大切ですね。
離れていた家族がすこし歪んでいるけど、わっかになり始めているような気がします。
この調子で。私も。
外に出れたら、幸せですね。

外泊が終わっちゃうのは寂しいです。
でも。仕方がありません。
このまま、病院で先生とみるきぃでお話して欲しいぐらいですが。
焦ってはいけないんですね。
焦り症の私には、少し予定の立たない今の時期が辛いかな。


失恋ショックから、うつにならないように。

ジェニーに昨日の晩に言われました。
退院した友達も失恋ショックで未だに自分を苦しめているようです、、、
自分を傷つけるのは、周りをもっと傷つける。
そんな当たり前のことが、病気の私たちには理解しづらいのでしょう。
私は理解したつもりですがね。

心の病は性格と脳の神経の病気とすごく、すごく、判断しづらいところがあります。
でも、大抵は病気です。
「病は気から」
大切な言葉ですが、心の病気にはそれが効かないので、多少の薬の手助けも必要ではないでしょうか。
そんな風に私は思います。

彼と住んでた頃なら、今の時間は彼とばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~をした時間で泣いていました。
この夏だけで、どんなけの涙をながしたのだろう。
そんな姿見せちゃいけなかったな。
posted by donguri_mt at 07:20| 奈良 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

落ち着きました。

milkへ

ありがとう。今日はいっぱい泣いたわ。
皆が少しずつでもわかってきてっくれている事をジェニーともみるきぃとも話して納得しました。

明日は病院に戻らなきゃいけないけど、またそこでいっぱい泣くよ。
せっかくの外泊。
泣いてばっかじゃもったいないね。
24時間後には病院のベットで熟睡してるんだね。

病院友達が外泊後病状悪化してるケースが多いけど、
私はそうならないと思う。
milkとジェニー、みるきぃの気持ちをしっかりもらえたから。
相変わらず、父は暴走中のようですが・・・
その暴走を自分の力で止められるように、甘え方を変えてみます。



「お守り」といわれた頓服の不安時様の薬はお守りで終わりそうです。
もう眠たいしね。
病院でも薬が変わりました。

朝 :下剤のみ
昼 :下剤のみ
夜 :パキシル(不安をやわらげます=抗鬱剤)@
   リスパダール@
   下剤
寝前:マイスリー10mg(定番ですね…笑=入眠剤)@
   ベンザリン10mg(寝つきを良くする薬=睡眠誘導剤)A
   リスパダール1mg@
   下剤

多分これであってると思います。
寝前のデパスがなくなりました。
ODのきっかけでしょうか、

中学時代に痩せる為に大量服用したダイエット薬。
生理も止まってしまい、今もその影響があります。
反省。
その頃から、私は病気になってたんですね。
高校時代、便秘薬をいっぱい飲めばやせる!!」
便秘薬の大量服用のせいで、現在便秘が慢性化してしまってます。
反省。
「薬をたくさん飲めば効く」
どこでそんな知恵を身につけてしまったのでしょうか。

看護士さんに余りの便秘で、ラキソフェロンをいつもは50滴のトコ、
「60はダメですか??」っときいた日があります。
「市販薬をたくさんのんで便秘になっちゃったんだよ。薬に頼らないでちょっと考えましょう」
その言葉を聴いたときに、家族の不安が理解できました。
だから今は便秘もなんとか自分なりに方法を考えようとしています。
足を痛めているので、運動は禁止されていますがマッサージはできるので、
ジェニーやみるきぃ、milkにいつもお腹をマッサージしてもらってます。
腸にもかわいそうなことしちゃいました。


入院して得た事はたくさんあります。
これを忘れない事。
それに限ります。


暴走中の父も私の入院費をもってくれたり、父なりに考えた末の方法だから余り責めてあげないでください。
私にとって父も彼もみんな大切な人です。
posted by donguri_mt at 23:51| 奈良 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだまだ未熟者

今日は、milkとみるきぃ、甥っ子とお出かけをしました。
っといっても、私の会社にドライブでしたが・・・

寝不足のせいかなかなかテンションがあがりません。
甥っ子はかわいいです。
みるきぃのお腹のコもきっとすっごくかわいいんだろうな。

会社には診断書を渡しに行きました。
上司には会うことが出来ませんでしたが、彼と別れたことを告げる手紙を添えて置きました。

会社に近づくに連れて、だんだん不安になりました。
彼に泣きながら電話したコンビニ。
彼と一緒に帰った道。
彼のことを吹っ切ったといっても、ちょっとは心にあります。
彼の親友の奥さんとメールをしてたのですが、やっぱり時間が解決するんじゃないかなって。
こんな事書いたら、これをみたmilkやみるきぃにまた不安を抱かせてしまうだろうケド、こればっかりは次にパートナーが現れるまで吹っ切れないでしょう。
だからね。
milkとみるきぃ・・・解ってください。
私の周りにはまだまだ彼との思い出がいっぱいこびりついているんです。
今は1人で大泣きしたいんです。
病気じゃないよ。
病気はね、それで私が自傷すること。それが病気なの。
だれだって失恋は心に穴が開いちゃうの。
解ってくれたらいいな。
不安にさせちゃってゴメンね。
でも涙が止まらない。
苦しい時期に彼が支えてくれなかった・・・
それは十分に解ってるけど、苦しい時に支えてもくれてたんだよ。
みんなの知らないところで。
悔しい。
こんな事で泣いてちゃ病気なのかな!?!?
自傷してないし、ODしてないよ。

彼には彼の人生があるから。。。頑張って私も私の人生をおくらなきゃいけない。
忘れるためにも、次のパートナーに出会うためにも、早く退院したいです。
会社に復帰したい。
頑張り過ぎないから。

誰かの家庭の輪に入っていくのはちょっと辛いです。
家族の心配は十分にわかるけど、自傷やODの痛みは十分に感じてます。
入院友達が私が外出中に自傷してしまいました。
助けてあげれなくって悔しかったし、こんな悲しい思いをしたのも初めてでした。
そんな悲しい思いを家族、彼にさせてしまった私を許してください。
彼にこの話を伝えたい。
けど、そんなことしたら家族にまた心配をかける。
心の葛藤がずっと続いてる・・・

家族からしたら、彼はへらへらとした土台の無い男なんだよね。
わかってる・・・


ゆいさん。

かなり辛い状況のようですね。
それでもあなたには自由があって幸せだと思います!!
仕事をしないと食べていけない。
そんな当たり前のことが出来ない自分って悔しいですよね。
milkも食べていけないけど、心が痛んで会社を辞めてしまいました。
心って本当に柔いですね。
でも、治りも早いはずです。
ちょっとした一言で心が痛んで
ちょっとした一言で心が強くなる。
損得無いんですよね。
それに「病気」ですしね。
心は脳にあります。脳がナイーブなのかな・・・
でも、「心の病」は必ず治りますから。
ゆっくり時間をかけましょう。



診断書には抑うつと書かれましたが、実際はボーダーラインです。
今悲しいのは、お帰りをいえる家を失った事。
私は東京時代にも、家が無かった次期があります。
毎日泣いてました。
勤め先のお店に寝泊りをして。
1人で店の掃除してごまかしてました。
その頃からきっと甘えたくて仕方なかったんでしょうね。
誰かに心配してもらいたいから、自傷やODに走ってしまった。
ただそれだけです。
でもその痛みは私よりも周りの人のほうが痛いんです。
入院して学びました。
それだけじゃダメなのかな。
1人でブラブラと散歩したいです。
大好きなカメラを持って、お出かけしたいです。
でも、入院中だからできないんです。
早く自由を手に入れたい。

milkへ
私に足りないものは何ですか??
失恋のショックで泣く事はダメですか??
まだまだ心配なのは承知だけど、失恋ショックから立ち上がらせて欲しいんです。
すぐにでもあなたからの連絡がほしい。
私に足りないものを告げてください。


こんな事書いたらきっと入院が長引くんだろうな・・・
でも仮面をかぶりたくなかったので、泣きながらパソコンに向かいました。
この姿をみるきぃに見られたら、強制送還かな・・・
posted by donguri_mt at 19:48| 奈良 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外泊となりました

ついに外泊許可が出ました。
っとのことで、げんざいみるきぃ宅でおいっこと楽しい日をすごさしてもらってます。

ふと「家庭のある家。」をみていると土曜日に引越しした奈良の家が頭に浮かびます。
まけてられません。
頑張ってこの外泊をたのしみます。

睡眠時間がF1の関係で少なかったのですが、初日なのでしかたないでしょう。
この家には温かい家庭があります。
私もそのぬくもりに少しお邪魔させていただきます。

主治医が「おねぇちゃんについていきなさい。」そんな言葉をくれました。
別々の部屋でねむったので、みるきぃは心配で仕方なかったと思います。
ここには家庭があるので、刃物もたくさんあります。
私は自傷・ODはもうしません。

過食は朝から、食パン・コーンフレーク・お菓子と暴走していますが、
これは会社に行くまで続きそうです。

不安も少しはありますが、退院にむけてやっともらえた外泊許可。
主治医は今とってもお気に入りです。
そんな大好きな主治医に悲しい顔をさせないようにも、私は今が頑張り時です。
負けない。不安やパニックに立ち向かう。
その意志を曲げないように。
自分に言い聞かせています。
負けない・・・こんなとこで躓いている場合じゃない。
ちょっと涙を流したいけど。
そんな事してる姿を見せたくない。
posted by donguri_mt at 08:17| 奈良 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

お久しぶりです。本人です。

「お前の傷口を見たくない」
父の一言でブログを中止していました。

今日は外出で会社に行ってき、父の会社から打っています。

朝・昼の安定剤はなくなり、今は夜・寝る前に
リスパダール
デパス
パキシル
マイスリー
ベンザリン
を飲んでいますが、失禁が続くため、そろそろベンザリンもなくなりそうです。
夢を見ることなくぐっすり自然に寝ています。
朝・昼の安定剤がなくても、いざこざに巻き込まれても平気になりました。
今日も会社の前でいつもは大泣きしていたのに、平気にドキドキもせず、あいさつにいけました。

体調は順調です。
しかしジェニーはまだまだ心配のようです。
私も友達が病院で自傷した時大泣きをして心配でたまりませんでした。
ジェニーも私にそんな心配をしているのでしょう。
ごもっともだけど。
私は会社に復帰したいです。
また父の会社の手伝いもしたいです。
みるきぃも出産が近づくにつれ不安がいっぱいだろうから当分はみるきぃ家に滞在させてもらいます。

早く外に出たい。
自由を手に入れたい。

posted by donguri_mt at 10:29| 奈良 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

笑顔で『ただいま』が言えるまで

世界中の人が変わるなら、ひとそれぞれと思う気持ちが欲しい
同じ桜も花弁の付き方、色、形様々
様々の桜が私たちに癒しをくれる
同じ人も生まれ育ち、顔、心様々
様々な人が同じ星に住んでいる。
私が出会った人なんて、そのうちの一握りに過ぎない
そこに恋や仕事、病気、友達、、、そんな名前がつけられる。

自分の気持ちが一定なら外に出れる
陽の下でやりたい事が出来る
その為に様々な人を人それぞれと遠くから見なければならない
八方美人
良く出来た言葉
生きていく中で大抵の事は時間が解決するかもしれない
…いや、時間の中でそれなりに人が成長するのだ
気持ちが一定になる事
これも時間が解決してくれる
時間をいかに過ごすか
私たちの成長に繋がる。

笑顔でただいまがいえるまで
時間を有効活用しないといけない
生き抜く=息抜く
息抜きの中で見つかるものは必ずある
息を抜ききってください
酸素が必要になります
酸素だけじゃない、空気を吸ってます
空気の中には悪いものもあるでしょう
それも吸い込んでしまうのでうす

全部吸い込んで自分のものにするのです。
自分の力にするのです。

2006.10.10 23:35 donguri_mt
posted by donguri_mt at 23:35| 奈良 ☁| Comment(1) | Poems | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代筆10 byみるきぃ

2006.10.10 19:45
ついに部屋移動になりました。
車椅子の患者さんが来られたので、私に来るな…って覚悟してました。

やっぱり来ました。

でもこれも治療です。
喧嘩をしていた二人が別れるという案もありましたが
私が「3人の治療を考えると私が移動するのも治療、二人が同じ空間を共にするのも治療だよ」って言って決定しました。
正直卿はジェニー、みるきぃ、キングと共に人込みに行ったのでヘトヘト…
母が来ても「疲れたから、早く帰って」と言った具合です。
…なので心も身体もヘトヘト。不安しかないけど、これをやり抜くんだ!

上にも少し書いたように今日も外出でした。
朝の悩みもあってどうすれば良いのか判らぬまま外出。
案の定、途中で疲れました。
足の痛みも酷くなってきて早く病院に帰りたかったです。
外出中のことはこれぐらいします。

今これを書くのも部屋にサイドテーブルが無いので大ホールです。
人が沢山います。
身体が震えています。
部屋に行くのも怖いです…
パニックにならずに眠れますように…

ホールに近い部屋の為にTVの音が煩く落ち着きません。
大ホールになれることが第一関門。
これを書いてないと落ち着きません。
これを打ってくれるみるきぃ or milkに申し訳ない。

また大騒ぎしている少女がいます。多分23・4歳で私より上でしょうか…彼女はまだこの施設に慣れないのでしょう。
私のように泣いて家族に電話するわけじゃない。
拒否の出し方は人それぞれです。
物を投げる、自分を責める、暴れる…そんな事ちっぽけだけど、そのそれぞれが共存しなくちゃいけない社会は本当に厳しいとしか言えないでしょう。
世の中には沢山の人がいます。
その中のほんのちょこっとの人がココにいます…それに怯えてどうするの??
明日は病院はおやすみです。担当医もいない。パニックにならないで…
食事はみんなどうするの?判らない事ばかりだけど、誰もが皆そうなんだよね?だから負けちゃダメなんだよ。

演歌の歌詞に『そうだ』と呼びかける人。そんな中にいます。
演歌が流れれば歌う人がいます。そんな中にいます。
演歌を聴くと東京に居た頃を思い出します。

赤坂のパブで働いていました。苦い思いも楽しい思いもしました。それまで触れる事の無かった演歌の世界にはビックリでしたが…

頭痛がします。そろそろ薬がきます。今は21時です。
…1時間、長かったなぁ。。。笑
歯を磨きました。食後にこの一時間で牛乳を1L飲みました。
もうやめないと…太りました

今突然声をかけられました。さっきから『ヨロシクお願いします』何度言ったかなぁ…何度だって言ってやる。
朝になれば食事もあるんだから。。。泣きたいのに泣けない、そんな感じです。

薬なので部屋に戻ってきました。
寝れるのかなぁ??

…落ち着け…

その言葉しか頭に浮かばない。

…落ち着け…

いつもなら一番に薬が回ってくるのに、ココは大部屋(一応、個室ですが…)なかなか来ません。薬待ちの列を連ねています。
変な感じ。
今日は一日変な日です…としかいえない。
頭痛いよ…痛いよ…熱い…熱い…。痛い。熱い。…早く薬来ないかなぁ??
その前にナースコールが鳴り響いてる…誰か行ってあげて…また大騒ぎだ。あの少女です。

睡眠薬を貰って、また大ホールに来ました。ココなら字が書きやすいし、薬が足りなかったらまた貰わなきゃ。
私の薬より騒ぎに人が払っちゃいました。何分待つのかなぁ…
…やっともらえました。

部屋で音楽を聴いて落ち着きます。
少女がまだ騒いでいます。“キィー”と言う声と物を投げる音。
少女を縄で縛る事に意味はあるのでしょうか?薬で一時的に落ち着かせるだけで良いのでしょうか?
私には彼女をどうする事も出来ません。
また、彼女も好きでココにいてるわけじゃない。

気付けば23時を回っている…また過食をしてしまった…反省…
…でも止められない、誰か助けて欲しい。
今度はお腹が膨れて寝付けない。ちっちゃいストレスなのに、耐えられない。

…少女はまだ騒いでる。
ホールには3人程人が集まっているけど、正直中に入る勇気は無い。
眠りたくない。太るから…最悪循環…友達に電話したいけど、22時までだし、暇だ…
眠れない人が話しかけてくれました。こちらの病棟にいる人にとって小病棟のは悪いイメージのようです。「あっち嫌だったでしょ??」なんて言われても笑って返すしか出来ない自分。
小病棟は大騒ぎと静かな2箇所あります。私はその内、静かな方にいました。皆でご飯も食べれたし、歳も近い人が多かったから…丁度慣れたトコだったのに…でも治療!!

母が持ってきたボーダーラインについてのHPに書かれていた症状とまるっきし同じでショックを受けています。…それに…彼の事も苦しめてしまったな…と思って悲しいんです。誰かにぶち当てたいよ…
絶対あの家(奈良)に行ったらパニックを起こすよ…また振り出しに戻る。
ゆいさんの大波小波。。。ボーダーラインもそうですよ…
namaさんは鋭かったですね。私も鬱→躁鬱→ボーダーラインという診断でした。

眠いけど、泣きたいし、また失禁するんじゃないかと思うと寝れません。
時計の無い部屋は時が止まっているようです。
…どうすればいいんの?…涙が出てきた。

彼との思い出の曲を聴いています。
コブクロです。
このオーディオもカバンも、スウェットも彼のもの…
またチャンスは無いのかなぁ??少し穴が開いてきた。
パニックを起こしそうです。。。
冷静な自分とパニックの自分が心で戦ってます。。。心が痛いんです。
病人なんだ…私。こうやって気持ちが上に行ったり下に行ったりする…
posted by donguri_mt at 23:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代筆9 byみるきぃ&ジェニー

2006.10.10 5:15
おはようございます。
このごろ起きれない私ですが、今朝はお目覚め。理由は失禁ですたらーっ(汗)
薬を減らしてもらっても寝る前の過食が酷く、これじゃヤバイと水を大量摂取するのが原因大ですね。
寝る前「寝れるかな??」の不安から過食に走ります。彼と居た頃は一度一緒にベットに入った後、彼が寝たのを見計らってコッソリ抜け出しビール&タバコをしていました。それが出来ない分過食→太る事へのストレス→水分摂取→失禁といったリズムになるのかなぁ?と思います。
情けないけど、看護士さんが「薬減ったのに駄目だったね…水分も摂らなきゃいけないし、とりあえず先生とお話しましょうね」って。
嫌な顔一つせず、朝っぱらからシーツや布団替えを手伝ってくれました。
私も看護士さんが忙しくなる時間の前に気づけて良かったです。
ちょい頭痛と足のむくみが治らないのが気になる朝でした

今日は良い天気晴れ
大阪の空は千切れ雲の朝焼けが綺麗です…カメラ写真に撮りたいなぁ…
退院したら初給料でデジカメ買おう。
…また写真撮りたくなってきた…昔からカメラは好きです。
こんな朝は外に出たらキモチいいんだろうな。涙出てきました。
今年こそ紅葉を大阪で見たかったのに…。間に合うのかな…退院は。

朝はうつです。やっぱりうつ気があるのかなぁ??
自分の病気がくちゃっと変化の時なんだろうね。治る部分と治りづらい部分が戦ってる。そんな気がする。

さっき、もう眠るのが怖くて彼からもらったオーディオが、ついに手元に来たので、ふとスガシカオの真夏の夜のユメと7月7日と言う曲の歌詞をかいていました。スガシカオは彼の大好きなアーティストです。
よく一緒に車の中でも家でも、ねる前にも…きいてました。じっくり歌詞を考えてなかったケド…。
あのオーディオには彼との思い出がつまってます。必ず笑顔で私が「ただいま」って言わなきゃね。

今朝もこの時間から院内は大騒ぎです。私は無力なのかな。何かできることはないのかな。朝のうつっ気…先生に伝えなくちゃね。

こんなキモチだから…。友達をキズつけちゃいました…車椅子の友達。
一番仲良し…ついグチをこぼしちゃったの。
昨夜「うつの人といたらうつがうつっちゃう」ってその人はそういう言葉が悪いの知らない、分からない病気だから聞き流しちゃったの。
でも本当は心にひびいてた。
その時に看護士さんに言えばよかった。なのについついグチっちゃいました。
それをきいた車椅子のお友達が、自分も「障害者はどっかいけ」と言われたことがあるから、キレちゃったの。
その子はキレちゃう病気なの。でも、私がグチらなかったら彼女はキレずにすんだかも。
そう思うと自分が悪いって泣いちゃって、泣いちゃって。
みんな病気。
私はそんなみんなのこと、治せないんだよ。私も病気だから。無力に感じて悔しい。
そんな他人同士のトラブルを自責にしてしまうのが、私の病気なんだね。

お昼でした。となりで昨日仲良くなった22歳の子が大泣きしてました。
失恋ショックなの知ってたから、お部屋に入らせてもらって手をにぎると熱もありそう。過呼吸だし、すぐに看護士よんであげたけど…。
私にはそれしかできないのかな…。
先生にも他人より自分のことを心配してあげなさいって言われたけれど、彼女が泣きたいキモチわかるから、助けてあげたいよ。

自分で自分をサンドイッチにしている。
彼女はまだ少し落ち着かないで泣いている。
朝一の車椅子の子とおばさんのケンカ…
おばさんに「ごめんね」と何度も謝られる。
私は
「私は怒ってないんです。ただ、車椅子の子はイラっときちゃう病気なんです。
今はそっとしておいてあげましょう」
としか、言えない。
車椅子の子は朝から食事も薬も受け取らない。
看護士に対してもイラついている様子。
確かに彼女の看護担当はひどい。
イラついている彼女を宥めることなく、「あっそ」と言うだけ。
私は、彼女もおばさんも、悪い人だと思ってない。
ただ私が八方美人になってしまうのがダメなの??
分からない。
だって両者共病気なんだもん。患者としてここにいる。
看護士か医師が解決の糸をくれないの??
二人共悪くないからどっちも責めたいし、どっちも宥めてあげたい。私はおかしいのかな。
隣で22歳の彼女はまだ泣いている。
どうして看護士さんは手を握って「大丈夫」って言ってあげないの?
私はなにも出来ない。何一つ解決出来ない。無力者。
私だって悲しくなる。

2:00〜姉と外出です。
みるきぃとジェニーとです。
私はこの病棟を野放しに出ては行けない。
そんな気がするけど、何もすることが出来ないでいる。
ごめんね…みんな。。

どうしても車椅子の子とおばさんのケンカが子供にしか感じない。
それが病気なのだから…。
治療をしてあげてほしい。

子供同士の喧嘩を、子供が止められない。

私はここでは子供だ。本当の子供同士のケンカをただ見て見ぬフリをすることが
私には出来ない。子供だから…。
八方美人って良い言葉じゃないよね。でも私の今とってる態度は八方美人なのかもしれない。
そうやって自分を責めるのも私の病気だ。
遠くから見ておけば良いのだけど、毎食行われるバトルをどうしろっていうの。
黙ってて、どちらかがキレて保護室に入るまで見とけってこと?
これを解決させて、ストレスに耐えるべき?
黙って見とくべき?
分かんない(TдT)
誰に訴えれば良いのかも分からない。

朝から暴れている少女が向かいの病棟にいる。
彼氏が来ているようだ。
ジュースを振って投げ飛ばしていた。
車椅子の子は医師が変わるため、面談だけど暴れている。
この病院に来て間もない隣の22歳の女性は、この状況に怯えている。
自分と戦っている。
私は何も出来ない。
時間が解決してくれるのかな。

車椅子の子が笑って出て来てくれた。

時間なのかな。

答えは。
posted by donguri_mt at 13:00| 奈良 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

代筆8 byみるきぃ

2006.10.9 18:30
後半戦です。もうすぐご飯ですレストラン
今日はなんと!!外出して来ましたexclamation×2嬉しすぎるわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
先生と12:00に先にお話しました。体調は良いけど眠りについては、ちょっときつ過ぎるから薬を変える…ってか減りましたぁグッド(上向き矢印)
嬉しい事が続きます。
外出もちょっと疲れたけど外はキンモクセイの香りに、ウロコ雲。懐かしい地。
このまま調子良く行く事を願います。

お友達が一人増えました。失恋ショックだって…たらーっ(汗)
私もそれはショックだけどね…今は受け入れなきゃ!

どうやってストレスと戦うのか!?そこが難しい所だけど、戦いの場としてみんなが嫌がっているのを知っているから大部屋移動の立候補をしました。
正直パニックになると思いますが1つずつ戦うのです。
奈良は来週末が目標。絶対にパニックになるから外泊ではなく外出で…
父は外泊を待っているようですが、私はまだ無理だと思って外出にしようと決めました。。。先生にも相談だけどね。
色々自分と向き合えるようになってきた。良かったよホントに…
posted by donguri_mt at 18:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。