2006年10月23日

外泊となりました

ついに外泊許可が出ました。
っとのことで、げんざいみるきぃ宅でおいっこと楽しい日をすごさしてもらってます。

ふと「家庭のある家。」をみていると土曜日に引越しした奈良の家が頭に浮かびます。
まけてられません。
頑張ってこの外泊をたのしみます。

睡眠時間がF1の関係で少なかったのですが、初日なのでしかたないでしょう。
この家には温かい家庭があります。
私もそのぬくもりに少しお邪魔させていただきます。

主治医が「おねぇちゃんについていきなさい。」そんな言葉をくれました。
別々の部屋でねむったので、みるきぃは心配で仕方なかったと思います。
ここには家庭があるので、刃物もたくさんあります。
私は自傷・ODはもうしません。

過食は朝から、食パン・コーンフレーク・お菓子と暴走していますが、
これは会社に行くまで続きそうです。

不安も少しはありますが、退院にむけてやっともらえた外泊許可。
主治医は今とってもお気に入りです。
そんな大好きな主治医に悲しい顔をさせないようにも、私は今が頑張り時です。
負けない。不安やパニックに立ち向かう。
その意志を曲げないように。
自分に言い聞かせています。
負けない・・・こんなとこで躓いている場合じゃない。
ちょっと涙を流したいけど。
そんな事してる姿を見せたくない。
posted by donguri_mt at 08:17| 奈良 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
D_mtさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。小さなお子さんがいらっしゃるお宅は、疲れるけど、にぎやかで良いものですよね。きっと、将来、D_mtさんもそういう家庭を築けます。

 出会いがあれば別れもある。私達だって、もうそんなに若くありません。いつどちらかが病気になるとも限りません。だから自立しなければいけないのですよね。

 少しずつではありますが、とりあえずは皮一枚でも会社をくびにならずにすんでいますので、その間は何とか行こうと思っています。

 主治医の先生。お気に入りとか。良かったですね。私も今の先生がいなかったら不安でだめでしょうね。本当に良かった。

 あまり疲れすぎないように、ほどほどに甥ごさんと遊んでくださいね。byゆい
Posted by ゆい at 2006年10月23日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。