2006年10月10日

代筆10 byみるきぃ

2006.10.10 19:45
ついに部屋移動になりました。
車椅子の患者さんが来られたので、私に来るな…って覚悟してました。

やっぱり来ました。

でもこれも治療です。
喧嘩をしていた二人が別れるという案もありましたが
私が「3人の治療を考えると私が移動するのも治療、二人が同じ空間を共にするのも治療だよ」って言って決定しました。
正直卿はジェニー、みるきぃ、キングと共に人込みに行ったのでヘトヘト…
母が来ても「疲れたから、早く帰って」と言った具合です。
…なので心も身体もヘトヘト。不安しかないけど、これをやり抜くんだ!

上にも少し書いたように今日も外出でした。
朝の悩みもあってどうすれば良いのか判らぬまま外出。
案の定、途中で疲れました。
足の痛みも酷くなってきて早く病院に帰りたかったです。
外出中のことはこれぐらいします。

今これを書くのも部屋にサイドテーブルが無いので大ホールです。
人が沢山います。
身体が震えています。
部屋に行くのも怖いです…
パニックにならずに眠れますように…

ホールに近い部屋の為にTVの音が煩く落ち着きません。
大ホールになれることが第一関門。
これを書いてないと落ち着きません。
これを打ってくれるみるきぃ or milkに申し訳ない。

また大騒ぎしている少女がいます。多分23・4歳で私より上でしょうか…彼女はまだこの施設に慣れないのでしょう。
私のように泣いて家族に電話するわけじゃない。
拒否の出し方は人それぞれです。
物を投げる、自分を責める、暴れる…そんな事ちっぽけだけど、そのそれぞれが共存しなくちゃいけない社会は本当に厳しいとしか言えないでしょう。
世の中には沢山の人がいます。
その中のほんのちょこっとの人がココにいます…それに怯えてどうするの??
明日は病院はおやすみです。担当医もいない。パニックにならないで…
食事はみんなどうするの?判らない事ばかりだけど、誰もが皆そうなんだよね?だから負けちゃダメなんだよ。

演歌の歌詞に『そうだ』と呼びかける人。そんな中にいます。
演歌が流れれば歌う人がいます。そんな中にいます。
演歌を聴くと東京に居た頃を思い出します。

赤坂のパブで働いていました。苦い思いも楽しい思いもしました。それまで触れる事の無かった演歌の世界にはビックリでしたが…

頭痛がします。そろそろ薬がきます。今は21時です。
…1時間、長かったなぁ。。。笑
歯を磨きました。食後にこの一時間で牛乳を1L飲みました。
もうやめないと…太りました

今突然声をかけられました。さっきから『ヨロシクお願いします』何度言ったかなぁ…何度だって言ってやる。
朝になれば食事もあるんだから。。。泣きたいのに泣けない、そんな感じです。

薬なので部屋に戻ってきました。
寝れるのかなぁ??

…落ち着け…

その言葉しか頭に浮かばない。

…落ち着け…

いつもなら一番に薬が回ってくるのに、ココは大部屋(一応、個室ですが…)なかなか来ません。薬待ちの列を連ねています。
変な感じ。
今日は一日変な日です…としかいえない。
頭痛いよ…痛いよ…熱い…熱い…。痛い。熱い。…早く薬来ないかなぁ??
その前にナースコールが鳴り響いてる…誰か行ってあげて…また大騒ぎだ。あの少女です。

睡眠薬を貰って、また大ホールに来ました。ココなら字が書きやすいし、薬が足りなかったらまた貰わなきゃ。
私の薬より騒ぎに人が払っちゃいました。何分待つのかなぁ…
…やっともらえました。

部屋で音楽を聴いて落ち着きます。
少女がまだ騒いでいます。“キィー”と言う声と物を投げる音。
少女を縄で縛る事に意味はあるのでしょうか?薬で一時的に落ち着かせるだけで良いのでしょうか?
私には彼女をどうする事も出来ません。
また、彼女も好きでココにいてるわけじゃない。

気付けば23時を回っている…また過食をしてしまった…反省…
…でも止められない、誰か助けて欲しい。
今度はお腹が膨れて寝付けない。ちっちゃいストレスなのに、耐えられない。

…少女はまだ騒いでる。
ホールには3人程人が集まっているけど、正直中に入る勇気は無い。
眠りたくない。太るから…最悪循環…友達に電話したいけど、22時までだし、暇だ…
眠れない人が話しかけてくれました。こちらの病棟にいる人にとって小病棟のは悪いイメージのようです。「あっち嫌だったでしょ??」なんて言われても笑って返すしか出来ない自分。
小病棟は大騒ぎと静かな2箇所あります。私はその内、静かな方にいました。皆でご飯も食べれたし、歳も近い人が多かったから…丁度慣れたトコだったのに…でも治療!!

母が持ってきたボーダーラインについてのHPに書かれていた症状とまるっきし同じでショックを受けています。…それに…彼の事も苦しめてしまったな…と思って悲しいんです。誰かにぶち当てたいよ…
絶対あの家(奈良)に行ったらパニックを起こすよ…また振り出しに戻る。
ゆいさんの大波小波。。。ボーダーラインもそうですよ…
namaさんは鋭かったですね。私も鬱→躁鬱→ボーダーラインという診断でした。

眠いけど、泣きたいし、また失禁するんじゃないかと思うと寝れません。
時計の無い部屋は時が止まっているようです。
…どうすればいいんの?…涙が出てきた。

彼との思い出の曲を聴いています。
コブクロです。
このオーディオもカバンも、スウェットも彼のもの…
またチャンスは無いのかなぁ??少し穴が開いてきた。
パニックを起こしそうです。。。
冷静な自分とパニックの自分が心で戦ってます。。。心が痛いんです。
病人なんだ…私。こうやって気持ちが上に行ったり下に行ったりする…
posted by donguri_mt at 23:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。