2006年10月10日

代筆9 byみるきぃ&ジェニー

2006.10.10 5:15
おはようございます。
このごろ起きれない私ですが、今朝はお目覚め。理由は失禁ですたらーっ(汗)
薬を減らしてもらっても寝る前の過食が酷く、これじゃヤバイと水を大量摂取するのが原因大ですね。
寝る前「寝れるかな??」の不安から過食に走ります。彼と居た頃は一度一緒にベットに入った後、彼が寝たのを見計らってコッソリ抜け出しビール&タバコをしていました。それが出来ない分過食→太る事へのストレス→水分摂取→失禁といったリズムになるのかなぁ?と思います。
情けないけど、看護士さんが「薬減ったのに駄目だったね…水分も摂らなきゃいけないし、とりあえず先生とお話しましょうね」って。
嫌な顔一つせず、朝っぱらからシーツや布団替えを手伝ってくれました。
私も看護士さんが忙しくなる時間の前に気づけて良かったです。
ちょい頭痛と足のむくみが治らないのが気になる朝でした

今日は良い天気晴れ
大阪の空は千切れ雲の朝焼けが綺麗です…カメラ写真に撮りたいなぁ…
退院したら初給料でデジカメ買おう。
…また写真撮りたくなってきた…昔からカメラは好きです。
こんな朝は外に出たらキモチいいんだろうな。涙出てきました。
今年こそ紅葉を大阪で見たかったのに…。間に合うのかな…退院は。

朝はうつです。やっぱりうつ気があるのかなぁ??
自分の病気がくちゃっと変化の時なんだろうね。治る部分と治りづらい部分が戦ってる。そんな気がする。

さっき、もう眠るのが怖くて彼からもらったオーディオが、ついに手元に来たので、ふとスガシカオの真夏の夜のユメと7月7日と言う曲の歌詞をかいていました。スガシカオは彼の大好きなアーティストです。
よく一緒に車の中でも家でも、ねる前にも…きいてました。じっくり歌詞を考えてなかったケド…。
あのオーディオには彼との思い出がつまってます。必ず笑顔で私が「ただいま」って言わなきゃね。

今朝もこの時間から院内は大騒ぎです。私は無力なのかな。何かできることはないのかな。朝のうつっ気…先生に伝えなくちゃね。

こんなキモチだから…。友達をキズつけちゃいました…車椅子の友達。
一番仲良し…ついグチをこぼしちゃったの。
昨夜「うつの人といたらうつがうつっちゃう」ってその人はそういう言葉が悪いの知らない、分からない病気だから聞き流しちゃったの。
でも本当は心にひびいてた。
その時に看護士さんに言えばよかった。なのについついグチっちゃいました。
それをきいた車椅子のお友達が、自分も「障害者はどっかいけ」と言われたことがあるから、キレちゃったの。
その子はキレちゃう病気なの。でも、私がグチらなかったら彼女はキレずにすんだかも。
そう思うと自分が悪いって泣いちゃって、泣いちゃって。
みんな病気。
私はそんなみんなのこと、治せないんだよ。私も病気だから。無力に感じて悔しい。
そんな他人同士のトラブルを自責にしてしまうのが、私の病気なんだね。

お昼でした。となりで昨日仲良くなった22歳の子が大泣きしてました。
失恋ショックなの知ってたから、お部屋に入らせてもらって手をにぎると熱もありそう。過呼吸だし、すぐに看護士よんであげたけど…。
私にはそれしかできないのかな…。
先生にも他人より自分のことを心配してあげなさいって言われたけれど、彼女が泣きたいキモチわかるから、助けてあげたいよ。

自分で自分をサンドイッチにしている。
彼女はまだ少し落ち着かないで泣いている。
朝一の車椅子の子とおばさんのケンカ…
おばさんに「ごめんね」と何度も謝られる。
私は
「私は怒ってないんです。ただ、車椅子の子はイラっときちゃう病気なんです。
今はそっとしておいてあげましょう」
としか、言えない。
車椅子の子は朝から食事も薬も受け取らない。
看護士に対してもイラついている様子。
確かに彼女の看護担当はひどい。
イラついている彼女を宥めることなく、「あっそ」と言うだけ。
私は、彼女もおばさんも、悪い人だと思ってない。
ただ私が八方美人になってしまうのがダメなの??
分からない。
だって両者共病気なんだもん。患者としてここにいる。
看護士か医師が解決の糸をくれないの??
二人共悪くないからどっちも責めたいし、どっちも宥めてあげたい。私はおかしいのかな。
隣で22歳の彼女はまだ泣いている。
どうして看護士さんは手を握って「大丈夫」って言ってあげないの?
私はなにも出来ない。何一つ解決出来ない。無力者。
私だって悲しくなる。

2:00〜姉と外出です。
みるきぃとジェニーとです。
私はこの病棟を野放しに出ては行けない。
そんな気がするけど、何もすることが出来ないでいる。
ごめんね…みんな。。

どうしても車椅子の子とおばさんのケンカが子供にしか感じない。
それが病気なのだから…。
治療をしてあげてほしい。

子供同士の喧嘩を、子供が止められない。

私はここでは子供だ。本当の子供同士のケンカをただ見て見ぬフリをすることが
私には出来ない。子供だから…。
八方美人って良い言葉じゃないよね。でも私の今とってる態度は八方美人なのかもしれない。
そうやって自分を責めるのも私の病気だ。
遠くから見ておけば良いのだけど、毎食行われるバトルをどうしろっていうの。
黙ってて、どちらかがキレて保護室に入るまで見とけってこと?
これを解決させて、ストレスに耐えるべき?
黙って見とくべき?
分かんない(TдT)
誰に訴えれば良いのかも分からない。

朝から暴れている少女が向かいの病棟にいる。
彼氏が来ているようだ。
ジュースを振って投げ飛ばしていた。
車椅子の子は医師が変わるため、面談だけど暴れている。
この病院に来て間もない隣の22歳の女性は、この状況に怯えている。
自分と戦っている。
私は何も出来ない。
時間が解決してくれるのかな。

車椅子の子が笑って出て来てくれた。

時間なのかな。

答えは。
posted by donguri_mt at 13:00| 奈良 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。みるきぃさんはじめ、ご家族の方々、お疲れ様です。大変でしょうが、今が正念場かもしれませんね。なんと言葉をかけてよいか分かりませんが、私も娘が精神病院に入院した経験がありますので大変さは少しは分かります。

 D_mtさん、ずいぶんにぎやかな病棟なのですね。失禁のことは気にすることはないと思います。きっと薬のせいですね。娘もそういうことがありました。先生とよく話して、原因になっている薬を止めさせてもらえるといいですね。

 お友達ができたようですね。良かったです。孤立は寂しいですから。でも、それぞれが病気を抱えているのですから大変は、大変です。車椅子のお友達の事とか気にされているようですが、お医者さんが言うように、今はご自分の治療の事を一番に考える事がいいと思います。

 D_mtさんは優しいから、いろいろしてあげたいのですよね。でも、いろんな症状が出るのは、私たちには理解できない事もたくさんあるし、こう時はどうすればいいか、気の合う看護婦さんに聞いておくとかすると、良いのではないでしょうか。きっと彼女も切れるきっかけがあると思うから、それを避けてあげるとか…。でも、私もそうなのですが、周りに気を使いすぎても、自分が大変になっちゃいますから、大人のいやな言い方に聞こえるかもしれませんが、ほおって置いてあげる事も良い事なのかもしれませんよ。彼女は彼女なりに、自分のそういう部分と戦っていて、その時どうすればいいか今、学んでいる時なのかもしれませんね。そうしなければ退院できないですもの。いつも誰かそばにいて面倒見てくれるわけじゃないから…。
 それじゃ、私も最近調子があまり良くありません。復職が近いからかもしれません。今もお布団の中から打っています。

 お互い養生しましょう。byゆい
Posted by ゆい at 2006年10月11日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。