2006年10月05日

代筆(By milk)

ここに来て何日目だろうか・・・
日付や曜日の感覚がまったくない。

1日目 ODをしてB棟(半拘束病棟)に。
2日目 夜に泣き自殺を試みて個室へ。(荷物は看護士預かりに)
3日目 荷物のうち、少しは持たせてもらえるように。
4日目 つまり今日。

今日の担当看護士は本当に素晴らしい人だった。
昨夜、母が帰った後、寂しさは続く。

ねてすごす。
木曜日に荷物を返す。
土曜日に家(奈良)に帰る。
そのために、今は静かにしておくこと。
そう約束を先生とした。

そのために早目に睡眠薬をもらい寝ることに。

そういえば、milkはこの間「誰もみな同じ時間が過ぎている」と。
その通りである。
寝ても、おきても、笑っても、泣いても、仕事しても。
1分1秒は変わらず、時計の中心で回っている。
今はそれも変わってなかった。
だから私も皆さんと同じように、24時間をさわ病院B棟で過ごしている。

今日の担当看護士に、泣きそうな声で「頓服薬をください。」と言った。
「どうしたの?何かあった?」
私は夢に彼が出てきたことを話した。
そして「泣きたいけど、泣いたりさわいだら、木曜日に荷物が返ってこない。土曜日に家に行けない。」
でもその時すでに泣いていた。
看護士は「よ〜くがんばって、呼んでくれたね。がんばり過ぎちゃった?私は泣きたい時に泣いていいと思うよ。」と言ってくれた。
なぜかその言葉にほっとした。
「自分を傷つけなかったら、約束はちゃんと実行になるんだよ。」と言ってくれた。
そして、さっきの話です。

今は3:00PM頃。
病院のワックスが急遽やることになった。
前から決まっていたけど、事務の人以外には知らされてなかったようです。
始まる前に、全員5階へあがることになった。
掃除をするためには仕方ないでしょう。

お昼ごはん+薬+排尿の世話
今日は病院が休院日でそうでなくても人手が足りない。
そんな中、私は担当の看護士に手が空いたら「これとこれがほしい、話しきいて、不安」と伝えた
そんな頃、院内は大騒ぎだった。
「看護婦さ〜ん」と呼ぶ声が響きわたる。
私の目の前の患者さんも急に点滴を抜こうとする。
すぐにおさえて、看護士さんに「とりあえず、後回しで良いので…」と伝えた。
「ごめんなさい」と看護士さんはすぐに来てくれた。
「お姉ちゃんが私の家に行ってたんやって、私行けないのに」って突然抱きついて泣いたにもかかわらず、
「待たせてごめんね、しんどかったね、くやしいねぇ…」そう言って
「一人じゃないよ。よ〜くがんばったね。」
たくさんの言葉をくれました。
私は本当に嬉しかったです。


ワックスが終わる頃、ジェニーとみるきぃが来た。
ブログを見ました。

ゆいさん
娘さん心配ですね。
私は鬱ではないようです。
病名は忘れましたが…
ゆいさんも心配ですし、娘さんも心配。
昨日母からゆいさんのお話しを聞いて一緒に泣きました。
「うちと一緒だね。」って。

この病棟にもいろんなドラマがあります。
心を開きづらい私ですが、いろんな話をみんなしてくれます。
私にもまた新しいドラマが始まりますね。
早く奈良に帰りたいです。
だから生きていたのです。

どうすればこの気持ちが先生に伝わるのかな。
目をつむると彼の顔が浮かぶの…
元気にしてるのかな。

posted by donguri_mt at 00:14| 奈良 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
milkさん、ブログ代筆お疲れ様です。
D_mtさん、病院での様子が少し分かりました。つらいことも悲しい事も、沢山ありますね。それに、病院はいろんな病気の人がいるから…。看護婦さんも自分にだけ付いててくれるわけではないし、周りにも気を遣うし…。大変だとは思いますが、後もう少し辛抱しましょうね。そして、看護婦さんがおっしゃったように、泣きたい時は泣いて良いんです。私なんか娘を思い出して、毎晩お風呂の中で泣いています。今月もうすぐ長女の誕生日なので…。

 この前湖に行った時に白鳥の羽をきれいなのを選んで拾ってきたので、額に入れて、おしゃれにして昨日置いてきました。長女は学校で、次女に渡しておきましたが、夜「ありがとう」とメールがありました。

 長女もリスカやODを小学校の高学年くらいからしていたようです。私は自分のことがしんどく、気付いてあげられませんでしたが、今は落ち着いてくれています。入院後に落ち着いたと思います。本人が「もう二度とあんなところには入りたくない!」と言っていたので、こらえているのだと思います。

D_mtさん、大変でしょうが、治療が進めば必ず良くなります。あきらめないでくださいね。
milkさんも大変ですが、私も一緒にD_mtさんを見守っていきます。何の力にもなれませんが…byゆい
Posted by ゆい at 2006年10月05日 09:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。