2006年09月23日

コメント有難うございます

dear nama

この病気は何歳の人でもなっちゃうんですよね。
どんなに良い環境で育ってもなる人はなるし、
どんなに悪い環境で育ってもならない人はならない。
そんな中で私たちはその病気にはまってしまったのは
もう一度自分を見つめなおせってメッセージなのかもしれないですね。
病院の先生にはできるだけあるがままになろうと、
昨日は今まで思ってたこと。
言いたくはないけど、彼と住んでから家事という仕事が重いこと。など
少し今まで言えなかった事が言えました。
私は一人じゃない。
こうやってコメントをくれる応援団が居るんだと思うと少し気が楽になりました。
先輩。お互いうつ病になんて負けないで、がんばりましょうね。
ありがとうございます。


dear ゅぃさん

コメント有難うございます。
体調はどうですか??

相互リンクの件は了解です。私もはらせて頂きます★
namaさん。サポート有難うございます!!

主治医にも、重く感じないでもしも元気があったら
朝はご飯の準備 ひとやすみして お昼に掃除 ひとやすみして 夜にご飯を作ってあげたらいいんだよ。
それ以上のことがしたかったら、元気なときにね。
彼の助言は守るべきだと思うから、一日に一歩でいいから外に出てごらん。

っといわれました。
私はしっかり主治医にも支えられて、彼にも支えられているんだと再確認できました。
まことさんもしっかり理解されている方なので、
ゅぃさんはその日その日の75%ぐらいの力でまことさんに笑顔を見せていってあげればいいんだと思いますよ★
100%じゃ次の日に体力なくなっちゃいますもんね。


私は家族・そしてここに来てくれる方・彼・彼のご両親・主治医・・・・
それに会社の人などたくさんささえられているんだと、
ここのブログを開設してツクヅク感じます。
「笑顔でお帰りがいえるまで」
目指して、大波小波(ゅぃさんの表現がとてもぴったりなので使わせていただきます)に耐えながら、いつか綺麗な水平線をぼけぇぇーっと
眺められたら幸せだなぁ。って思います。
posted by donguri_mt at 10:39| 奈良 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>もう一度自分を見つめなおせってメッセージなのかもしれないですね
同感です。
ならないですむのであればなりたくなかった病気だけれども、
なったおかげで色々なことを考える機会ができた、と前向きに思えるときもあります。
Posted by nama at 2006年09月24日 06:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。