2006年09月19日

早くも再発。

結局、涙は止まらず・・・
頭痛に+胃痛も久しぶりにやってきた。

参りに参って、彼にメールをする事に。
「今は心の大風邪だから・・・外に踏み出す一歩が怖くて怖くて、すごい体力が必要。
もう試用期間の結果がバツになっちゃうのは見えてきてるよ。これ以上迷惑かけれないしね。
まだ離れたくないし、ずっと一緒にいたいけど最悪の結果も受け止めなきゃね」っと送りました。
初めて彼に私は「心の風邪」であることを伝えた。
言わなきゃわかんないし。。
彼は「考えすぎるな」っと言ってくれました。
謝ってばかりいる私に
「あやまるのはやめよー。donguri_mtはそんなに悪くないよ」
ってメールが。とっても嬉しかった。
心の中にあった重い物がちょっと落ちた気がした。

その後今まで眠ってしまった。
相変わらず会社の夢ばかりだけど。
起きたら頭痛と胃痛がひどくなってるし。

彼に閉じこまらずに外に出ろよっと言われているので
夕方になったら買い物とレンタルビデオでも行こう。

なんか病院に行く気がしない。行くのも不安。
悪くなってるのを再確認しなきゃいけないからね。
今の病院は内科系だから安定剤も坑うつ剤もそれほど出してはこない。
薬よりも休養でって。
その先生が大好きだから他に行く気にもなれないし。
なんとかそこでもらえる薬だけで回復をしたいな。

dear namaさん
コメントありがとうございます。
お互いしんどい時には支えあうのが本当のパートナーですよね。
しんどい時は強がらずに甘えていこうかな。。。って思います。
心の病気が理解されるのはきっと組織全体の教育の方法にもよるんでしょうね。
興味の無い人からすれば本当に気持ちの持ちようだから。
ひとりでも多くの人に心の「病気」を理解してもらいたいです。

小学生時代、姉は長く不登校でした。そんな姉のそばにいて、時々すごく辛そうにしているのを覚えてます。
自分でも悔しかったんだろうな。
私が5年生になったとき。同じように不登校の子が同じクラスになりました。
5年生の担任がまた鬼教師のような人で、
彼女の家にクラスメイトをつれ、毎日お昼に押しかけたのです。
彼女はドアの向こうからちゃんと返事をしていました。
すごく偉いなって思いましたよ。私なら完全に居留守です。
彼女は「行かない」っと紙に書いてこちらに渡してきました。
私はその現場に始めて行った時にすごく心が痛みました。
もし、姉も同じように押しかけられたら、、、どんなにつらいだろう。って。
その一件後、先生にあのやり方は良くない。彼女を余計に辛くさせるだけだ。ってうったえたけど。「じゃぁどうすればあいつは学校に来るんだ」っと言われ。。
私は「彼女も行きたい気持ちはいっぱいあるけど、一歩が踏み出せないんですよ。それを無理やり引きずり出すよりも、自然と一歩がでるようにしてあげればいいじゃないですか。」
そして私も不登校になっていきました。
そして同じようにクラスメイトと担任が押しかけてきました。
もちろん居留守でしたけど。

学校の教師でさえ理解できない「心の病気」を健全な人たちに広めるのはすごく時間がかかるんだろうなと思っちゃいます。
でも私たちはこの病気の患者の気持ちがわかる一人なのですから
しっかり伝えていかなきゃいけないですね。。。

話が大ソレでごめんなさい・・・汗
posted by donguri_mt at 15:22| 奈良 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事故の後のパニックは辛かったやろね。あなたがどんな状態になったのか想像しただけでも、こちらがパニックになりそうだった(苦笑)
お姉さんにSOSが言えてるのはとても良いことだと思いました。それに受け止めてくれる彼にも恵まれて。
甘えだとかそんなのではないよ。
しんどいときは支えあうのが家族だから。
しんどいのを我慢して治ったふりだけは絶対したらあかんよ。本当の優等生は主治医と連携がとれて一緒に治していくことだと思うよ。
Posted by milk at 2006年09月20日 06:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。