2006年12月01日

境界性人格障害

境界性人格障害。
私の正式な病名です。
インターネット上の理屈だけをほれば、若い女性に多い病気だそうです。
薬物療法では治りづらく、カウンセリングが一番だそうです。

深く調べるとマイナスが響きますのであまりみないようにしていますが、
画期的な治療法が知りたいです。

現在は服用薬も精神安定剤が多いものの、抗鬱剤も併用しています。

軽い薬ばかりなので、この先一生付き合うことになるでしょう。


先日から仕事への恐怖感と不安定な自分から、みるきぃの家と実家を行き来しています。
みるきぃとは歳が離れていたため、小さい頃はもうお家にみるきぃは居る事はなく時々しゃべるていどでした。
ジェニーと一緒に過ごす事が多かったものです。

ココで私の家族を紹介しましょう。
父 milkの元に生まれた三女の私。
5年前に離婚し、今はそれぞれの道を生きています。
みるきぃ 長女 3歳のキングと旦那さん 2月に2人目が生まれます。
ジェニー 次女 不登校児が高校から急に学校に行き始め今は彼氏と同居中。
そんな私の家族です。

みるきぃは昔から私にとってうらやましい存在でした。
早くに家を出て、仕事をして、子供にも恵まれ・・・
本当はとてもうらやましい存在でした。
彼女は彼女なりに悩みをかかえながらも独立し生きていました。

そんなみるきぃと今、こうやって仲良く慣れたのは幸せです。


境界性人格障害。
常に気持ちが不安定。
うん。。
自傷に走る。
うん。。。
周囲を困らせる。
うん。。。。

全部当てはまる。
明日は病院です。
薬物療法じゃなく、確実に治す道は無いのか。
しかし。
薬に頼りたくなる自分。
それも共存している。
カウンセリングは嫌い・・・
この2週間ODをしていない自分がウソのよう。
でも。心は薬を求めている。
つい朝に夜の薬をのんでしまう。
リスパダールとパキシル。
目の前に沢山沢山欲しい・・・

そんな自分が嫌いな私と、好きな私。

過食に走る私。

心がぐちゃぐちゃになってしまっている。
posted by donguri_mt at 10:15| 奈良 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。