2006年10月10日

笑顔で『ただいま』が言えるまで

世界中の人が変わるなら、ひとそれぞれと思う気持ちが欲しい
同じ桜も花弁の付き方、色、形様々
様々の桜が私たちに癒しをくれる
同じ人も生まれ育ち、顔、心様々
様々な人が同じ星に住んでいる。
私が出会った人なんて、そのうちの一握りに過ぎない
そこに恋や仕事、病気、友達、、、そんな名前がつけられる。

自分の気持ちが一定なら外に出れる
陽の下でやりたい事が出来る
その為に様々な人を人それぞれと遠くから見なければならない
八方美人
良く出来た言葉
生きていく中で大抵の事は時間が解決するかもしれない
…いや、時間の中でそれなりに人が成長するのだ
気持ちが一定になる事
これも時間が解決してくれる
時間をいかに過ごすか
私たちの成長に繋がる。

笑顔でただいまがいえるまで
時間を有効活用しないといけない
生き抜く=息抜く
息抜きの中で見つかるものは必ずある
息を抜ききってください
酸素が必要になります
酸素だけじゃない、空気を吸ってます
空気の中には悪いものもあるでしょう
それも吸い込んでしまうのでうす

全部吸い込んで自分のものにするのです。
自分の力にするのです。

2006.10.10 23:35 donguri_mt
posted by donguri_mt at 23:35| 奈良 ☁| Comment(1) | Poems | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代筆10 byみるきぃ

2006.10.10 19:45
ついに部屋移動になりました。
車椅子の患者さんが来られたので、私に来るな…って覚悟してました。

やっぱり来ました。

でもこれも治療です。
喧嘩をしていた二人が別れるという案もありましたが
私が「3人の治療を考えると私が移動するのも治療、二人が同じ空間を共にするのも治療だよ」って言って決定しました。
正直卿はジェニー、みるきぃ、キングと共に人込みに行ったのでヘトヘト…
母が来ても「疲れたから、早く帰って」と言った具合です。
…なので心も身体もヘトヘト。不安しかないけど、これをやり抜くんだ!

上にも少し書いたように今日も外出でした。
朝の悩みもあってどうすれば良いのか判らぬまま外出。
案の定、途中で疲れました。
足の痛みも酷くなってきて早く病院に帰りたかったです。
外出中のことはこれぐらいします。

今これを書くのも部屋にサイドテーブルが無いので大ホールです。
人が沢山います。
身体が震えています。
部屋に行くのも怖いです…
パニックにならずに眠れますように…

ホールに近い部屋の為にTVの音が煩く落ち着きません。
大ホールになれることが第一関門。
これを書いてないと落ち着きません。
これを打ってくれるみるきぃ or milkに申し訳ない。

また大騒ぎしている少女がいます。多分23・4歳で私より上でしょうか…彼女はまだこの施設に慣れないのでしょう。
私のように泣いて家族に電話するわけじゃない。
拒否の出し方は人それぞれです。
物を投げる、自分を責める、暴れる…そんな事ちっぽけだけど、そのそれぞれが共存しなくちゃいけない社会は本当に厳しいとしか言えないでしょう。
世の中には沢山の人がいます。
その中のほんのちょこっとの人がココにいます…それに怯えてどうするの??
明日は病院はおやすみです。担当医もいない。パニックにならないで…
食事はみんなどうするの?判らない事ばかりだけど、誰もが皆そうなんだよね?だから負けちゃダメなんだよ。

演歌の歌詞に『そうだ』と呼びかける人。そんな中にいます。
演歌が流れれば歌う人がいます。そんな中にいます。
演歌を聴くと東京に居た頃を思い出します。

赤坂のパブで働いていました。苦い思いも楽しい思いもしました。それまで触れる事の無かった演歌の世界にはビックリでしたが…

頭痛がします。そろそろ薬がきます。今は21時です。
…1時間、長かったなぁ。。。笑
歯を磨きました。食後にこの一時間で牛乳を1L飲みました。
もうやめないと…太りました

今突然声をかけられました。さっきから『ヨロシクお願いします』何度言ったかなぁ…何度だって言ってやる。
朝になれば食事もあるんだから。。。泣きたいのに泣けない、そんな感じです。

薬なので部屋に戻ってきました。
寝れるのかなぁ??

…落ち着け…

その言葉しか頭に浮かばない。

…落ち着け…

いつもなら一番に薬が回ってくるのに、ココは大部屋(一応、個室ですが…)なかなか来ません。薬待ちの列を連ねています。
変な感じ。
今日は一日変な日です…としかいえない。
頭痛いよ…痛いよ…熱い…熱い…。痛い。熱い。…早く薬来ないかなぁ??
その前にナースコールが鳴り響いてる…誰か行ってあげて…また大騒ぎだ。あの少女です。

睡眠薬を貰って、また大ホールに来ました。ココなら字が書きやすいし、薬が足りなかったらまた貰わなきゃ。
私の薬より騒ぎに人が払っちゃいました。何分待つのかなぁ…
…やっともらえました。

部屋で音楽を聴いて落ち着きます。
少女がまだ騒いでいます。“キィー”と言う声と物を投げる音。
少女を縄で縛る事に意味はあるのでしょうか?薬で一時的に落ち着かせるだけで良いのでしょうか?
私には彼女をどうする事も出来ません。
また、彼女も好きでココにいてるわけじゃない。

気付けば23時を回っている…また過食をしてしまった…反省…
…でも止められない、誰か助けて欲しい。
今度はお腹が膨れて寝付けない。ちっちゃいストレスなのに、耐えられない。

…少女はまだ騒いでる。
ホールには3人程人が集まっているけど、正直中に入る勇気は無い。
眠りたくない。太るから…最悪循環…友達に電話したいけど、22時までだし、暇だ…
眠れない人が話しかけてくれました。こちらの病棟にいる人にとって小病棟のは悪いイメージのようです。「あっち嫌だったでしょ??」なんて言われても笑って返すしか出来ない自分。
小病棟は大騒ぎと静かな2箇所あります。私はその内、静かな方にいました。皆でご飯も食べれたし、歳も近い人が多かったから…丁度慣れたトコだったのに…でも治療!!

母が持ってきたボーダーラインについてのHPに書かれていた症状とまるっきし同じでショックを受けています。…それに…彼の事も苦しめてしまったな…と思って悲しいんです。誰かにぶち当てたいよ…
絶対あの家(奈良)に行ったらパニックを起こすよ…また振り出しに戻る。
ゆいさんの大波小波。。。ボーダーラインもそうですよ…
namaさんは鋭かったですね。私も鬱→躁鬱→ボーダーラインという診断でした。

眠いけど、泣きたいし、また失禁するんじゃないかと思うと寝れません。
時計の無い部屋は時が止まっているようです。
…どうすればいいんの?…涙が出てきた。

彼との思い出の曲を聴いています。
コブクロです。
このオーディオもカバンも、スウェットも彼のもの…
またチャンスは無いのかなぁ??少し穴が開いてきた。
パニックを起こしそうです。。。
冷静な自分とパニックの自分が心で戦ってます。。。心が痛いんです。
病人なんだ…私。こうやって気持ちが上に行ったり下に行ったりする…
posted by donguri_mt at 23:30| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

代筆9 byみるきぃ&ジェニー

2006.10.10 5:15
おはようございます。
このごろ起きれない私ですが、今朝はお目覚め。理由は失禁ですたらーっ(汗)
薬を減らしてもらっても寝る前の過食が酷く、これじゃヤバイと水を大量摂取するのが原因大ですね。
寝る前「寝れるかな??」の不安から過食に走ります。彼と居た頃は一度一緒にベットに入った後、彼が寝たのを見計らってコッソリ抜け出しビール&タバコをしていました。それが出来ない分過食→太る事へのストレス→水分摂取→失禁といったリズムになるのかなぁ?と思います。
情けないけど、看護士さんが「薬減ったのに駄目だったね…水分も摂らなきゃいけないし、とりあえず先生とお話しましょうね」って。
嫌な顔一つせず、朝っぱらからシーツや布団替えを手伝ってくれました。
私も看護士さんが忙しくなる時間の前に気づけて良かったです。
ちょい頭痛と足のむくみが治らないのが気になる朝でした

今日は良い天気晴れ
大阪の空は千切れ雲の朝焼けが綺麗です…カメラ写真に撮りたいなぁ…
退院したら初給料でデジカメ買おう。
…また写真撮りたくなってきた…昔からカメラは好きです。
こんな朝は外に出たらキモチいいんだろうな。涙出てきました。
今年こそ紅葉を大阪で見たかったのに…。間に合うのかな…退院は。

朝はうつです。やっぱりうつ気があるのかなぁ??
自分の病気がくちゃっと変化の時なんだろうね。治る部分と治りづらい部分が戦ってる。そんな気がする。

さっき、もう眠るのが怖くて彼からもらったオーディオが、ついに手元に来たので、ふとスガシカオの真夏の夜のユメと7月7日と言う曲の歌詞をかいていました。スガシカオは彼の大好きなアーティストです。
よく一緒に車の中でも家でも、ねる前にも…きいてました。じっくり歌詞を考えてなかったケド…。
あのオーディオには彼との思い出がつまってます。必ず笑顔で私が「ただいま」って言わなきゃね。

今朝もこの時間から院内は大騒ぎです。私は無力なのかな。何かできることはないのかな。朝のうつっ気…先生に伝えなくちゃね。

こんなキモチだから…。友達をキズつけちゃいました…車椅子の友達。
一番仲良し…ついグチをこぼしちゃったの。
昨夜「うつの人といたらうつがうつっちゃう」ってその人はそういう言葉が悪いの知らない、分からない病気だから聞き流しちゃったの。
でも本当は心にひびいてた。
その時に看護士さんに言えばよかった。なのについついグチっちゃいました。
それをきいた車椅子のお友達が、自分も「障害者はどっかいけ」と言われたことがあるから、キレちゃったの。
その子はキレちゃう病気なの。でも、私がグチらなかったら彼女はキレずにすんだかも。
そう思うと自分が悪いって泣いちゃって、泣いちゃって。
みんな病気。
私はそんなみんなのこと、治せないんだよ。私も病気だから。無力に感じて悔しい。
そんな他人同士のトラブルを自責にしてしまうのが、私の病気なんだね。

お昼でした。となりで昨日仲良くなった22歳の子が大泣きしてました。
失恋ショックなの知ってたから、お部屋に入らせてもらって手をにぎると熱もありそう。過呼吸だし、すぐに看護士よんであげたけど…。
私にはそれしかできないのかな…。
先生にも他人より自分のことを心配してあげなさいって言われたけれど、彼女が泣きたいキモチわかるから、助けてあげたいよ。

自分で自分をサンドイッチにしている。
彼女はまだ少し落ち着かないで泣いている。
朝一の車椅子の子とおばさんのケンカ…
おばさんに「ごめんね」と何度も謝られる。
私は
「私は怒ってないんです。ただ、車椅子の子はイラっときちゃう病気なんです。
今はそっとしておいてあげましょう」
としか、言えない。
車椅子の子は朝から食事も薬も受け取らない。
看護士に対してもイラついている様子。
確かに彼女の看護担当はひどい。
イラついている彼女を宥めることなく、「あっそ」と言うだけ。
私は、彼女もおばさんも、悪い人だと思ってない。
ただ私が八方美人になってしまうのがダメなの??
分からない。
だって両者共病気なんだもん。患者としてここにいる。
看護士か医師が解決の糸をくれないの??
二人共悪くないからどっちも責めたいし、どっちも宥めてあげたい。私はおかしいのかな。
隣で22歳の彼女はまだ泣いている。
どうして看護士さんは手を握って「大丈夫」って言ってあげないの?
私はなにも出来ない。何一つ解決出来ない。無力者。
私だって悲しくなる。

2:00〜姉と外出です。
みるきぃとジェニーとです。
私はこの病棟を野放しに出ては行けない。
そんな気がするけど、何もすることが出来ないでいる。
ごめんね…みんな。。

どうしても車椅子の子とおばさんのケンカが子供にしか感じない。
それが病気なのだから…。
治療をしてあげてほしい。

子供同士の喧嘩を、子供が止められない。

私はここでは子供だ。本当の子供同士のケンカをただ見て見ぬフリをすることが
私には出来ない。子供だから…。
八方美人って良い言葉じゃないよね。でも私の今とってる態度は八方美人なのかもしれない。
そうやって自分を責めるのも私の病気だ。
遠くから見ておけば良いのだけど、毎食行われるバトルをどうしろっていうの。
黙ってて、どちらかがキレて保護室に入るまで見とけってこと?
これを解決させて、ストレスに耐えるべき?
黙って見とくべき?
分かんない(TдT)
誰に訴えれば良いのかも分からない。

朝から暴れている少女が向かいの病棟にいる。
彼氏が来ているようだ。
ジュースを振って投げ飛ばしていた。
車椅子の子は医師が変わるため、面談だけど暴れている。
この病院に来て間もない隣の22歳の女性は、この状況に怯えている。
自分と戦っている。
私は何も出来ない。
時間が解決してくれるのかな。

車椅子の子が笑って出て来てくれた。

時間なのかな。

答えは。
posted by donguri_mt at 13:00| 奈良 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。