2006年09月30日

入院

記憶がさだかではありませんが…

木曜日、またODをしてしまいながら、原チャに乗りました。
彼の母に手紙を渡したかったのです。
同じ頃心配した母と姉がこちらにむかってました。
いつもの道をふらふらの身体で走ります。左折する前の車に気付かずそのままぶつかりました。
救急車がきます。
救急隊員に力をふりしぼり姉と母がきている。と携帯を渡しました。
それからの記憶はありません。
ただ気付いたら仕事のはずの彼が病院にいました。

怪我は軽症のためそのまま心療内科に彼と行きました。主治医に「私より彼が限界です」といい彼一人を診察室へ行かせました。
このあたりも記憶がありません。

その後母と姉が近くのファミレスにいたので向かいました。
はじめに「母と彼」
その後「彼と私」ではなしをしました。
彼の疲れ切った姿をみたパニックの私は「離れた方があなたは幸せになるね」
彼「俺はもう限界」

彼の実家に「息子さんに辛い思いをさせてもうしわけございませんでした」と謝り
渡したかった手紙を渡しました。

パニックのままその後どうしたのか覚えていません。ただ姉の家に強制送還されてました。
夜は少し落ち着いていたと思います。

金曜日

朝一に彼に電話をしました。
「やっぱり私の居場所はあなたとすごしたあの家しかないのだから入院して元気になるからもう一度やり直そう」
彼はそれはできない。一点張りでした。
そのままパニックを起こし「包丁をかして」とさけんでました。すぐに救急車を呼ばれ病院へ。
彼もこちらにむかってきていました。

診療室に入り担当医に母と姉が事情をはなします。
その頃かな…彼が病院につき診察室を飛び出し抱きしめました。
彼も交じって主治医の話はひどいものでした。
「あんたはうつ病じゃなくて弱いだけ」
「育った環境が悪いから」
私はその話を聞き入れられず道を塞ぎ大泣きしました。
私「いつもの病院にいきます。デパス1_を一錠下さい」」
担当医「デパスなんてなんの効果もないよ」
私はパニックの限界で診察室を出ました。
心配した父もきてくれてました。
別れた父と母が私の為に会っている……

そのまま奈良にむかいました。私は彼と話をしたいと家に帰りました。
「入院して元気私を見せるからつきあっててあなたが必要なの」」
彼は「俺もどうしたらいいかわからない」

私は彼の為に作った朝食と昼食を皿ごとすて彼の目の前で二人の思い出の写真を破りました。

カッターをとりだし「別れたんだからなにしてもいいでしょ!!事故で死ねたらこんなつらくならずにすんだのに」
彼は私からカッターを奪い取りました。
パニックはおさまりません。


通っていた心療内科に父と母がいってきてくれました。
私は母に抱き着きなきじゃくります。
父は彼へ説得です。

私は「今夜はここでひとりでねたい」だだをこねました。片付けをして死ぬ気だったのです。
でもやっぱり大阪に強制送還です。
お酒の力でをかりて姉の家でねむりました。
朝かかりつけね医者に電話し入院先は昨日運ばれたとこです。
携帯禁止ですがみなさんに伝えたくてこのblogをかいてます。
まだパニックがおさまりません。
前向きになれません。死にたいです。

退院をした後彼と住める保障はありません。病院にいても苦しくてたまらない。

あいまいな部分はミルクこと私の母のコメントをみてください。
posted by donguri_mt at 22:43| 奈良 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。