2006年09月06日

どこかで電波が渡ってるのかな。

Dear milk

ありがとう。みんなそれぞれのドラマの中大きく強くなって
生きていくんやね。

ほっとし合える二人にちゃんとなるようにするからね。

チラシ配りをしていた頃、銀行のとき。
milkの辛さに気付いてあげれなくてゴメンネ。
今になって思えばすっごく辛かったと思う。
あの頃に「ぁなたが成人するまでは頑張るから」って言ってたのは今でも覚えてる。
意味わかんなかったけど、今になったら辛かったんだなって思うょ。
ぅっが原因で離婚した方のブログを最近みています。
その方に励まされて、生きなきゃって思ってん。
離婚っていろんな人が傷ついて、強くなって、幸せに向かう卒業式なんやろね。
うちはmilkとドラゴンの子供で幸せやヨ。
みるきぃママとジェニーの妹で幸せやヨ。
その気持ちは捨てずに義理母と戦わないとね。

報告。

さっきドラゴンから突然の電話が!!
どこかで電波が渡ったのかな。
「元気にしてるか??」って。
思わずこの話を少ししたょ。
そしたらね、みるきぃママの2度にわたる義理母との戦いがあったからか、
「お前は相手の親の顔色まで伺わなくて良い。
 二人で籍をいれるのがベストって話になるまで話し合え。
 長男坊を好きになったのはお前やで。好きな分受け入れられるやろ??
 義理母の気持ちも。」っていってくれた。
ジェニーの事も心配していたょ。

不思議。産まれてきて良かったよ。
posted by donguri_mt at 19:23| 奈良 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

milkありがとう。

昨日の晩かえってくるなり、彼から将来の話。
実家に寄ってから帰ってきたよう。
義理の母に私の病気のせいで彼の体調が悪くなっているため、
早めに決断するように言われた様子。
無排卵で子供もできない私の弱い身体と
浮き沈みの激しい心に 揺れ動かされている息子を見ていられなかったんだと思う。

彼は5年間付き合った彼女に去年の夏突然の別れを告げられて大きなキズを今も背負ってる。
それを見てるからこそ、義理の母は息子が心配なんだと思う。
彼自身「元カノを思い出せない日は無い」って昨日言ってたし。
それは私も感じてたからいいんだけど。
それと
「でも一緒にdonguri_mtと住んでから忘れる日ができた」
とも言ってくれた。

彼は元カノに「将来が無いなら」と言われ別れました。
彼はそのとき手に職が無く、結婚をする勇気がなかったんだと。

「元カノが俺を振った気持ちがわかったし、振られる気持ちはよく解る」
っと彼。

「がんばるから、少し様子を見て」
っと話はそこまでしました。

それから彼の大親友の息子さんが1歳の誕生日だったのでお祝いに行きました。
さっきまで泣きじゃくってた私もかわぃぃ1歳の子供とじゃれて笑顔復活。
彼の大親友の家庭とは何度か私もお邪魔し奥さんとも仲良し。
なんと2人目ができたようです★
その家庭も去年の夏は大波乱があったけど、3人は幸せそうでした。
彼も「あんなに色々あったけど、やっと幸せになれて良かった」って。
二人ともバツイチ家庭だから大変だったみたい。

幸せそうな家庭を見た後、薬に頼るのが嫌になって
帰ってから即寝した彼とは違い、一睡もできなかった。

私も彼も「幸せな家庭」を作りたいけど
今は「うつ病」と「彼の両親」という大きな壁にぶち当たってます。

milkにたすけられやっとこの文章がかけるまで落ち着きました。

今朝の話。
いつもどおり彼を送った後、彼の母に電話をしました。
「あなたのことが好きだけど、息子の悲しい顔はみたくないし、早く結婚して家庭をもってほしい。奥さんには健康な人がいい」っと。
「少し見守っていただけませんか?私も病気と逃げて会社に行きませんでしたが、会社に行ってみて楽しかったんです。嬉しかったんです。
必ず健康と強さを取り戻しますので」と私。
「わかった。頑張って」と義理母。

彼に電話の内容を伝え「晩に話しようね」と電話が来ました。

今日の分の薬を受け取らなかったため、落ち着けず泣きじゃくり再スタート。milkに助けの電話。
病院に助けの電話。

それでも結局お昼まで泣き続け、せっかくの二重も一重に。笑

milkの助け船がないとこの戦いには勝てそうに無いよ。
ゴメンネ。
一人では彼と彼の両親を説得させれない。
今朝は本当に消えたかったよ。
そんな気持ちになっちゃてゴメンネ。
私にはちゃんと家族がいるんゃょね。
離れて笑顔になった家族が。
そんな大切な人を悲しませチャいけないね。
posted by donguri_mt at 14:39| 奈良 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。